”未来へ繋ぐバトン”「ウカスカジーTOUR2021–2022アディショナルタイム」レビュー

MUSIC

2022年1月12日(水)東京国際フォーラム開催 ウカスカジー『ウカスカジーTOUR アディショナルタイム』

※ネタバレあり

ライブやイベントが相次いで中止になり、大打撃を受けた音楽業界。
もちろん、ウカスカジーもその一員。

アディショナルタイム。それは「中断された分の時間を試合時間に追加する」というサッカーのルール。

サッカー好きの2人らしいワードをタイトルにした本公演は、コロナ後の来へ繋ぐバトンのようなライブだった。

本編は毎回恒例の ”ウカスカアンセム” と共に開幕した。
アンセムと次曲の間に置かれた一瞬の静寂に高まる期待、設楽さんのギターリフから ”コエノチカラ” が始まった。

「さあ行くよ」

桜井さんの煽りに会場の熱が上がり、ライブに来たと実感したのは私だけでは無いはず。

”We are no`t afraid” 「コロナに負けるな」そんな気持ちが強く伝わったナンバー。
そして ”Anniversary” とタイプの異なる連なりから今と未来を感じた。

そして「目を閉じてイメージしてください」

桜井さんが観客にそう促すと、聴いたことのないメロディを奏でた。

そのイメージは間違いなく「コロナがない未来」だった。十人十色の未来を抱えながら迎えた ”サンシャインエヴリディ” は今までにないくらい心を晴れやかにさせた。

バンジョーの軽やかなイントロの ”青春FOREVER””DOWN TOWN” ”PLEASE SUMMER BREEZE” ”雪物語” そして ”言葉” と新譜『どんなことでも起こりうる』から数曲を披露した。
春・夏・秋・冬があって、また春。と、季節の循環を感じることができた時間だった。

桜井さんが舞台袖に戻り、GAKU−MCの ”それでも日々はつづく”

悲しくても切なくても、時間は平等に流れているそんなメッセージを感じた。
「だから明るくいようぜ❗️」そんな窮屈なことは言わない、答えを聞き手に委ねる心と心の会話ある音楽に人生で大切なことを気づかせてもらった。

それでも日々は続く long ver.

GAKU–MCが舞台袖に戻り、オールナイトニッポン風のラジオジングルが流れた。
DJはBaの藤谷一郎。
フリートークで本ツアーの初日の遅刻について話し、会場は笑いとラジオ特有のリラックス感に包まれた。

https://twitter.com/gaku_mc/status/1466776599127535624?t=uVU61FFfxYYHIJ9ju8rmTg&s=19

一郎さんの愛おしい進行の中、一通のお便りを読み上げた。都内で活動するミュージシャンからだった。読み進めていくと次第に「桜井さんのことかな❔」とお便りの主が桜井さんだと気づき始める。案の定、文末の「桜井和寿」の名前とリクエスト曲が読み上げられ、岡崎体育”エクレア”のイントロと共に桜井さんが入場した。

「想像上のステージと想像上のオーディエンスやれるところまでやろう」

「いい曲はいい人と共に

ファンの人に対する愛情が溢れんばかりに溢れ、私の目からは涙が溢れた。
ありがとう。と自然に言葉も出た。

ポテト探検隊 「エクレア(Live Version)」Music Video

ミファンダの家族が登場。
さすがミファンダ。さっきまでの雰囲気なんてお構いなしに暴走。
それがミファンダの良さである。

ステージが賑やかになったところで ”HAPPY HOUR ” を披露。
歌とダンスで会場が一つになった後は ”上を向いて歩こう””時代”
無意識に天井を見上げた人もいるだろう。そして、移り行く時代に対して愛しんだり、希望をもった人もいるだろう。この連なりにはそんな効果があった。

そして春を待つ僕らを歌う ”春の歌”
未知なる道を駆け抜ける僕らに捧げる”mi-chi”の2曲でアンコール前の公演は締めくくられた。

アンコールは ”手を出すな””勝利の微笑みを君と””また会う日まで”
さすが体育会系。ここにきてアグレッシブなナンバーで観客を追い込み、クールダウンのように”また会う日まで” でお別れを告げた。

しかし、ステージは暗転しなかった。
本当のラストナンバーは ”Let‘s get together〜ウカスカクラスター〜”
コロナ後のライブを想定したナンバーだ。

「すっぽんぽんだ マスクを外せ もう我慢しなくていいぞ」

未来のウカスカと私たちへ繋ぐバトンを伸ばし、本公演は閉幕した。

終始、感じられた「今」と「未来」
その未来は「コロナ前のような日常」ではなく「コロナ後の新たな日常」だった
過去があるから、今がある。
今があるから、未来がある。バトン。

そのバトン繋げるため、頑張ろう日本

【セットリスト】
M1:コエノチカラ
M2:We are not afraid
M3:Anniversary
M4:新曲
M5:サンシャインエブリデイ
M6:青春FOREVER
M7:DOWN TOWN
M8:PLEASE SUMMER BREEZE
M9:言葉
M10:雪物語
M11:それでも日々は続く(GAKU-MCソロ)
M12:エクレア / 岡崎体育 (櫻井和寿ソロ)
M13:HAPPY HOUR
M14:上を向いて歩こう / 坂本九
M15:時代
M16:春の歌
M17:mi-chi

-アンコール-

M18:手を出すな!
M19:勝利の笑みを 君と ~日本サッカーのために~
M20:また会う日まで

-Wアンコール-

M21:Let’s get together ~ウカスカクラスター~



コメント

タイトルとURLをコピーしました